バレンタインで上手にチョコを断る為に覚えておくポイントはコレ!

この記事は2分で読めます

kotowaru

バレンタインデーという年に1度のイベント、決して楽しみな人ばかりではありません。

甘いものが苦手だったり、そういったイベントに興味がない男性の方も多数いるはずです。

 

そういう人にとって大変なのが、職場や学校での義理チョコ。

貰ってしまうとお返しをしなければならないし、でも断り方が難しい…。

相手も自分も傷つかない、上手な断り方はあるのでしょうか。

 

SponsoredLink

 

バレンタインで上手に断るためには?

kotowaruu

「甘いものが苦手だから」「興味がないから」といった正直すぎる断り方では、

「有り難く貰ってくれてもいいのに…」と女性からの評価が落ちてしまう可能性もあります。

 

女性はただイベントを楽しんでいる感覚で義理チョコを配るので、

広い心でそれに付き合ってあげることが出来れば、

バレンタインの1日でご自身の評判を無駄に落とすこともありません。

 

最も良い断り方は、「本命以外、受け付けない」と宣言してしまうことでしょう。

 

既婚者ならば奥様のことだとわかって貰えますし、独身でも恋人の存在をちらつかせるか、

たとえ嘘でも「好きな人がいる」と言ってしまえばいいのです。

 

そう言われて無理矢理バレンタインチョコを押し付けてくる女性はいませんし、

いたとしたらかなり危険なので、バレンタインに限らず普段から

近付きすぎないことをおすすめします。

 

上記の断り方が上手くいかない場合は、上手な断り方を考えるのをやめ、

いっそ全部貰ってしまうことです。

貰ったものは、女性の見ていないところで誰かにあげてしまっても構いません。

 

そしてお返しにはチョコやクッキーの詰め合わせなどを買い、

「バレンタインのお礼です、みなさんで分けてください」

といったメッセージを添えておきましょう。

 

これだけで、女性からのあなたの好感度はアップします。

買うのは500円程度のもので十分。

相手がOLであれば、仕事中につまめるお菓子はむしろ喜ばれます。

 

バレンタインが煩わしいと思っている男性も多いかもしれませんが、

ここで余裕を持った対応が出来れば、円満にバレンタインを乗り切ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014-02-02_222548
  2. misogana
  3. messezi
  4. barentainnaito
  5. tanosimu
  6. uniku
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。