村田愛里咲が働く行学幼稚園は実家だった!ソチの活躍・順位は?

この記事は3分で読めます

murata

いよいよ始まるソチオリンピックですが、女子モーグルで出場する選手の中で、

ギャルっぽい感じで話題を集めている村田愛里咲選手も気になりますね^^

村田愛里咲選手は今回出場する選手の中では一番若い選手でもあります。

 

今回はそんな可愛らしい村田愛里咲選手について調べてまとめてみました。

 

SponsoredLink

 

村田愛里咲が働いている幼稚園はなんと実家だった!

yochien

2013年の4月に幼稚園教諭として就職した村田愛里咲選手ですが、

幼稚園の先生になることは小さい頃の夢だったそうです。

写真の姿を見ている限りでも、小さな子供から好かれそうな良い先生になりそうですね。

 

村田愛里咲選手が働くことになった行学幼稚園は”モンテッソーリ教育”というものを

取り入れているようで、なんでも縦割りクラスということで同じ年でクラス分けされて

いるわけではなく、年上も年下も混合のクラスなんだそうです。

 

これは、子供たちが年上の子供から学び、年上の子は年下の子の世話をするという

環境を作るためなんだそうですね。

なんだか、こういう環境で育った子供はとても優しい子に育ちそうですね^^

 

村田愛里咲のモーグルの実力は?ソチオリンピックでの活躍が気になる

murataa

村田愛里咲選手は小学一年生からスキーを始めて、モーグルを本格的にやるようになったのは

中学一年生になってからのようですね。きっかけは叔父さんの勧めで始めたようです。

 

また、九州の北九州市の出身の村田愛里咲選手ですが、九州の方がスキーに興味をもって

くれるのは、札幌に住んでいる私としては結構嬉しい気持ちです^^

 

村田愛里咲選手が一気に知名度を挙げた出来事といえば、2008年の全日本選手権で

あの上村愛子選手を下して初優勝を飾ったことです。当時、若干17歳です。

関連記事:上村愛子のソチの活躍は?驚愕の年収にいじめてた同級生も驚き!

 

その後、ワールドカップに出場して村田愛里咲選手は”ルーキーオブザイヤー”という、

最も輝いた新人に贈られる賞を手にしています。

 

そして、2010年のバンクーバーオリンピックでは初出場で8位という実績を出し、

今回のソチオリンピック出場の為に練習を重ねてきているという感じですね。

 

まとめ

今回のソチオリンピックが2度目の出場になる村田愛里咲選手ですが、

オリンピックというステージを1度体験したことによる経験値はとても大きいです。

 

また、”フルツイスト”と呼ばれる空中で伸身後方1回転1回ひねりをする

大技を持っている村田愛里咲選手ですが、この技はなんと世界の女子3人しか

出来ないと言われているとんでもない大技のようです。

 

それに加えて、ソチオリンピックに向けて髪の毛に5色のエクステをつけて

気合十分な村田愛里咲選手ですが、こういった姿を見ていると勝負に向ける

プレッシャーや緊張はそんなになさそうですね^^

 

是非とも金メダルを目指して最高のプレーをしてもらいたいです。

 

2/7追記:ソチオリンピック予選の成績・結果について

2014-02-07_133635

村田愛里咲、惜しかったですね~。

予選ではソチオリンピックでの武器として持っていた荒業の「フルツイスト」を

決めたのですが、コブでの滑りが美しくなくて原点になったのかな?

 

やはり、テクニックって大事ですが、基本はもっと大事ですね。

「フルツイスト」をすることに神経を集中しすぎていたのかもしれません。

 

そもそも、フルツイストってどんな感じなの?という方の為に、

動画を見つけましたのでこちらで確認してみてください。

関連動画:フルツイストについて

 

ちょっと早くてわかりにくいですが、これをスキーをつけてコブを滑ったあとに

やるということですから、とんでもない荒業だということがわかるはずです。

 

とにかく、第2予選の試合は頑張って欲しいですね^^

 

2/9追記 村田愛里咲は左膝前十字靱帯損傷で決勝戦を棄権

2014-02-09_124309

 

日本代表のルーキーである村田愛里咲選手が2/8の練習の時に、転倒してしまって

靭帯を損傷してしまい、残念ながら決勝戦に挑むことができるような状況ではなくなり、

棄権という結果になってしまいました。

 

最後まで滑ることが出来なかったことに対しては、村田愛里咲選手が一番悔しい思いを

したのだと思いますが、ここに来てソチオリンピックでの大会での怪我が目立ってきました。

モーグルは本当に気を抜けばすぐに怪我をしてしまう競技ですから、強い精神力が必要です。

 

また、今回のソチオリンピックについては、立て続けに試合が連続に行われるということで、

体力を事前に作っておくというトレーニングも必要だったのかもしれませんね。

 

そういったことを踏まえると、事前にオリンピックのために体重を増やした上村愛子選手は

さすが、試合の流れや細かい体調管理を行った本物のプロだなと思いました。

 

幼稚園での就職が決まった村田愛里咲選手ですが、

今後はモーグルの活動はどのように考えているのでしょうか?

個人的には、今回の試合の結果をバネに、もう一度チャレンジしてほしいなとは思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014-02-03_174958
  2. sena
  3. tadano
  4. sansimai
  5. hosino
  6. hanna
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。