伊藤みきの父親は実はモーグルを反対してた?怪我でソチの影響は?

この記事は3分で読めます

itomiki

ソチオリンピックの女子予選がいよいよ明日の6日の23:00から始まりますね。

その中でも今回、注目を浴びている選手といえば、去年に世界選手権で銀メダルを

獲った伊藤みき選手が個人的には特に気になります。

 

よく、スキー選手とかは父親が小さい頃にスキー場に連れて行ってやらせるというのが

鉄板なように思えますが、伊藤みき選手の場合はあまり父親からモーグルを勧めて

はじめるようになったわけでは無いようなんです。

 

今回は、そんな伊藤みき選手がモーグルをはじめるようになったきっかけなどを

調べてまとめてみました。

 

SponsoredLink

 

伊藤みきがモーグルコースを滑ろうとした時は父親に怒られた?

miki

伊藤みき選手が始めてスキーをしたのは3歳の頃のようですが、スキー選手に育てる為に

スキーに行っていたわけではなく、家族で普通にスキーを楽しむ為にスキーに行っていた

ようです。

 

勿論、その時に一緒に行った家族は、姉の伊藤あづさや妹の伊藤さつきも一緒です。

今ではモーグル三姉妹として有名で、姉妹揃ってモーグル選手ですね。

 

父親は家族でスキーに行った時は、コブのあるモーグルコースを滑ろうとして行くと、

伊藤みきと姉は一緒になって後ろからついて行ったのですが、父親からは危ないからか

「迂回路に行きなさい。」と怒られたそうです。

 

それでも、負けず嫌いな性格だった伊藤みき選手は怒られながら滑っていたそうです^^

負けず嫌いというか、すごい後期心旺盛な子供だったんですね。

スキー場のコブのコースといえば、始めて滑る時はちょっと身が引けてしまうものです。

 

それでも、一度コブを滑ってみた伊藤みき選手はすぐに楽しんで滑るようになり、

周りの大人からはその姿を見て褒められていたそうですね。

でも、父親はやっぱり褒めてくれなかったそうです(^^;;

 

あまり危険なコースを滑って怪我をして欲しくなかったんでしょうね。

 

伊藤みきの怪我の状況は?

2014-02-05_024902

伊藤みき選手は去年の12月にフィンランドに遠征で練習をしていた時に転倒してしまい、

いつもと違う痛みを感じたということで早速MRIで調べたのですが、なんと靭帯損傷を

診断されてしまい、地元の医師からはすぐに手術したほうがいいと言われるほどでした。

 

しかし、実際に手術をしてしまうとリハビリなどの関係で全治8ヶ月という期間が必要に

なってしまうということで、ソチオリンピックへの出場を断念しなければなりません。

 

そんな現実を知った伊藤みき選手は、手術を受けるのではなく、あくまでも出場する

方向でソチオリンピックへ出ることを決意して、今までリハビリを重ねて来ました。

 

これは親の気持ちとしては、手術して今回のソチオリンピックへの出場は諦めて欲しいと

思うのでしょうが、伊藤みき選手としては4年に1回のチャンスということで、絶対に

出場したいという強い気持ちがあったんでしょうね。

 

まとめ

1月に行ったカナダの遠征では、伊藤みき選手はW杯への出場は大事をとって控えてましたが、

靭帯の回復の方は順調で走ることも出来ているとは言っています。

 

しかし、ソチオリンピックの競技は本番ぶっつけで行うため、事前に練習となる試合を

経験しないままソチオリンピックの舞台に出るという流れになります。

これについてはどうしても他の選手から比べると不利に思えてしまいますね。

 

ただ、伊藤みき選手はソチオリンピックへの意気込みとしては「上位を狙える」と

かなり強気な発言をしており、自分自身でも靭帯の方の回復については順調そうです。

 

いよいよ始まるソチオリンピックですが、伊藤みき選手には手術をしないで、

リハビリしながら挑戦するという強い気持ちを持って出場するわけですから、

是非ともメダルを持ち帰ってきて欲しいですね^^

 

2/7追記:伊藤みき残念ながら予選を棄権

2014-02-07_132637

 

引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/06/aiko-uemura-sochi_n_4737492.html

伊藤みき選手ですが、予選直前の練習で着地の時に転倒してしまって予選試合に

参加することは出来ませんでした。現場には救急隊が駆けつけるといった事態になり、

自分の力で立ち上がることさえ出来なかったようです。

 

これは去年の段階からこうなることは分かっていたのになーと思うのが正直なところですが、

それでも、最後まで諦めずにオリンピックに挑戦したという姿勢は個人的には好きですね^^

 

元々は全治8ヶ月と言われている状況でのオリンピック出場ですから、

いつ、何が起こるかわからない状況だったわけですもんね。

 

それにしても、伊藤みき選手がソチオリンピック出場枠を必死で取りに行ったおかげで、

日本のメダル獲得の確率が少しでも上がったという点では、本当にチームのために最後まで

自分の身体を犠牲にしてでも頑張ってくれたということを理解してあげたいです。

 

まだ検査結果は出てないようですが、

今後の選手生命に関わるような状況になってなければと祈るばかりですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014-02-10_191548
  2. suzuki
  3. uemuraaiko
  4. sansimai
  5. hosino
  6. takahasidaisuke
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。